私たちについて

生きるのがつらい。そう思う不器用な私たちが集まった。

W・H・S・Eのメンバーは、Yogimacroを実践している、まだまだ人生無知なことだらけの学びの身。
そんな私たちは、ありがたくもあり不思議な巡り合わせが積み重なり、一人、また一人とご縁があって実践する仲間に出逢い、結果、今の12人の輪が完成しました。

生まれも育ちもバラバラ。抱えているバックグラウンドももちろんバラバラ。

でも、私たち12人が共通して言えることは、

生きることに不器用。

自分を見失って、息がつまる心地で生きていた。

社会でも落ちこぼれ同然。

健康とは程遠い・・・

ということでした。

  • 好きでもない仕事を「これでいいんだ」と思って何十年と必死に続けてきたけど、かと言って何をしたいのかも全然分らなかった。
  • 家族の将来が心配だから、「私がどうにかするしかない」と思って、やりたかったことを捨ててでも家庭と仕事に明け暮れていた。
  • 仕事は順調。彼もいた。それなりに不自由ない生活もできて、みんなからは「いいね!」ってよく言われていたけれど、
    私はずっと「何か」が満たされないままだった。多分、私はいい子ぶってその「何か」を言い出せずに我慢して生きていたんだと思う。
  • 私は何をやってもうまくいかない。人付き合いもうまくないし、得意なことは特にない。私って、一体本当に何をしたいんだろう?って毎日毎日、思ってた。
  • はあ、なんで私ってこんなに・・アレもできない。これもできない。それに比べて、あの人はいいなぁ幸せそうで。

でも、「本当はこのままじゃいやだ。私、変わりたい。」って、心のどこかでそう思ってた。

だけど問題は、

「じゃあ、一体どうしたらこの行き詰まりを突破できるの・・・?」

私たちはお互い出会う以前から、いつもそこで立ち止まり、悩み、結局安心で無難な道へ逃げることを、ずっとずっと選択し続けて生きていたのです。

「過去の私」から抜け出すきっかけは、恩師 中広行先生との出逢い

「そっか。私、こうやって自分を変えることができるんだ!」

私たちそれぞれがそのことに気づいたきっかけは、マクロビオティックの世界的指導者、中 広行先生が行なっていた、健康相談でした。

初めはただ、当時の料理教室などで中広行先生のことを知り、体の不調を改善させようということがきっかけで、たまたま申し込んだ先生の健康相談。

そこで私たちは、先生との対話の中で、過去の自分がいかに自分の本質から外れた生き方をしていたのかに気づき、大きな衝撃を受けたものです。

体のちょっとした不調さえも、食べ物の食べ方のみならず、自分の意識と思考の悪習慣が原因なのだと。

そしてその癖は、そう簡単には治らない。人間の傲慢さ、エゴというのはそれほど厄介なものなのだと。

言い換えれば、自分のエゴを取り払って、自分の心根に沿って行きていくことができたら、それはいかに人間として健康的な人生か!

そして中先生は健康相談の中で、自分たちが見失いかけていた「自分の本質」というものを、見出してくださいました。

同時に、その本質に沿って行きていく自分を確立するための「Yogimacro」も指導してくださいました。

人の目ばかり気にして、自分らしく行きていなかった私たち。

だけど、先生との出逢いをきっかけに、私たちは活路を見出したのです。

「Yogimacroをやってみよう!自分が本当にやりたいことに挑戦しよう!

そうして各々がYogimacroの実践を重ねていくうちに、次第に見えてきたものがありました。

人のために自分の感動をめいっぱい生かすことが、生きる喜びだと知る。

Yogimacroで、自分の体も心も自分の「運」さえも、全ては自分次第で、嘘のように様変わりすることを知りました。

たとえば・・・
病院に行かずして、大病が治った。
自分に本当に必要な人、物、お金がやってくるようになった。
思考のブロックがなくなって、自分にはやりたくてもできない、無理・・と思い込んでいたことができるようになった。

・・・どれも実体験に基づく本当のお話です。
その感動は、計り知れないほどに気持ちがいいものです。

また、過去の自分がいかに「ネガティブな思い込み」にとらわれて生きていたかを知り、過去の自分とも決別できます。
Yogimacroを実践する仲間がいることで何より嬉しいのは、この筆舌しがたい感動を共有しあえることでしょう。

そして、自分が受けた感動はぜひ人にも伝えたい!と思うもの。
私たち12人は、お互いの「自分がやりたいこと」をうまく組み合わせて、もっと多くの人にYogimacroを伝えていけないか?
私たちと同じ境遇を抱える女性の皆さんにも、Yogimacroを体感して、ありのままに生きていただきたい!
この夢は絶対に叶えよう!そう決意しました。

そうして出来上がった団体が、「一般社団法人W・H・S・E」です。

Yogimacroを通して生きることの本質を知る、これほど深い学びの場はない。
そう思い、私たちはここでは「学園」という呼び名で、皆さんへYogimacroが実践できる場を提供しています。

みんなでエゴと戦いながら、今日も前を目指す私たち。

しかし、残念ながら、全く完璧ではない私たち。

時に自分につい嘘をついて本音をごまかしてしまったり、

時に見栄を張ったり、自分と他人を比べて優劣を感じることもあれば、
傲慢になったり、嫉妬をしたり、喧嘩したり、焦りや不安を人にぶつけてしまったり・・・。

そんな「らしくない自分」=「エゴの自分」を指摘しあいながら、一緒に活動しています。

Yogimacroを実践しながらも、私たちはまだまだエゴを払いきれていない、未熟者なのです。つい、ネガティブになってしまうこともたくさんあります。

だからこそ、私たちはお互いとの心の交流を大切にしています。

言いたいことがあればはっきり言う。
やりたいことは思いっきりやりきる。
食べたいものは我慢せず食べる!
誰かのために、自分にできることを精一杯やる。
とにかく心から「やりたい!」と思ったことをやる。自分の「心」をセンサーに。

あなたがあなたらしくいることが、結果誰かのためになるから。

そうやって、お互いの本質を磨きあいながら、私たちは今日も活動しています。

「あなたのために。私のために」
それが、私たちのモットーです。